敏感肌

敏感肌についてのご紹介

スキンケア用品の中には、美白化粧品や敏感肌用化粧品などがあります。

敏感肌はアルコールや界面活性剤などが含まれているスキンケア用品や、シャンプーや洗剤類を使用した時に赤みが出たり肌が荒れてしまう場合を言います。

また、衣類の摩擦でピリピリしたりするような反応がある場合にも敏感肌と呼ばれております。

乾燥肌の方の場合も、肌のバリア機能が損なわれてしまい外からの刺激を感じやすくなってしまい、化粧水がしみたり、シャンプーの場合は頭皮に痒みが出てしまったりします。

スキンケア用品はたくさんの商品がありますが、使用されている成分を意識してみるとよいかもしれません。

最近は化学成分を含まないオーガニックのスキンケア用品も、たくさん開発されてきておりますので、ぜひお試しになってみてはいかがでしょうか。

また、寝不足などのようなライフスタイルの乱れは肌の抵抗力を低下させてしまいますので、生活の改善をすることが大切です。

敏感肌化粧品【ランキング】オススメ

敏感肌の原因と改善方法

脂性肌の見た目はテカテカと光っていて、乾燥肌の見た目は薄皮がむけたり粉をふいたように白くなっていますが、敏感肌は髪の毛や衣類が肌をかすめただけで痛みや痒みを感じる事はあっても、脂性肌や乾燥肌みたいに見た目で判断する事は難しく、医学の世界では敏感肌という病名も概念もないです。

原因は偏った食生活による栄養不足と睡眠不足、アレルギー体質、ストレスによる体調不良と内臓機能の低下、洗顔の時に強く擦りすぎるなどの過剰なお手入れ、肌に合っていない化粧品を使うなどです。

食事を改善するならビタミンが含まれている胚芽、玄米、雑穀、緑黄色野菜、キウイフルーツ、いちご、柿など。

鉄分が含まれているレバー、赤身の肉、青魚など。亜鉛が含まれている牡蠣、大豆、ゴマ、蕎麦などをバランスよく摂取します。

洗顔は刺激を最小限に抑えるため指で肌を擦るというより、泡で肌を撫でるように優しく行います。化粧水や乳液は香料、着色料、防腐剤などの刺激物が入っていない物を選びます。

敏感肌 洗顔料 おすすめ

敏感肌の原因と対策メニュー

敏感肌の原因と対策リンク